マルチレベルマーケティングを知っていますか?

目安時間:約 10分

 

マルチレベルマーケティングとは?

 

あなたも親しい人やウワサ話を聞いたことはありませんか?

 

口コミによって商品を広げていく

通常とは違う流通形態や方式、仕組みを

用いたビジネスのことです。

 

ここでは、マルチレベルマーケティングについて書いてみたいと思います。

 

マルチレベルマーケティングって?

マルチレベルマーケティングとは、「人と人のつながり」によって商品の流通をさせていくという、新しいスタイルの流通形態です。

 

まずマルチレベルマーケティングでは、マルチレベルマーケティング主宰企業というものが存在します。

このマルチレベルマーケティング主宰企業は、すべて製品を保有しています。

製品を持たない会社は存在しません。

※製品を持たない会社は違法性が疑われる可能性もあります。

 

マルチレベルマーケティングに参加するためには、まずは自分がその会社の製品を購入します。
そして、ビジネスメンバーの登録を行なって、いよいよ活動開始です。

 

マルチレベルマーケティング主宰企業の商品としては「化粧品」「健康食品」「健康器具」「通信機器」などがあります。

値段は一品が数千円のものから数十万円のものまで、多種多様と色々と存在します。

価格平均的には、1万円前後でしょうか。

 

そして、この製品を自分の影響力(口コミや紹介など)によって流通させていくことになります。

 

さて、収入はどのようにして得られるのかについてですが・・・
従来の流通業から考えてみましょう。

 

ある化粧品Aを売るために企業は、まず、広告やCMをします。

そして、販売するための店舗を構えます。

 

店舗を持つということは、お客さんが来るということです。

そのため、商品が1つ2つでは全く話になりません。

ですから、いろいろな種類の商品をそろえて、店頭に並べることになります。

 

ということは、店舗はある程度の在庫を確保しておくことになります。

そして、無人の店舗では販売ができませんので、社員やパート、アルバイトを雇って給料を払います。

こうしてみると、1つの商品が売れるまでには様々な経費(出費)があることがわかります。

 

この様なさまざまな経費(出費)を、商品の原価に利益を上乗せして販売しているわけです。

 

さて、マルチレベルマーケティングについて考えてみましょう。

 

商品を流通させて利益を出していく事は同じです。

しかし、流通形態が『口コミや紹介』のため、広告やCMをする必要も、店舗を構える必要なく、社員やパート、アルバイトを雇う必要もありません。

 

なぜなら、製品を購入している愛用者が『口コミや紹介』によって宣伝をし、店舗対消費者ではなく、消費者対消費者で商品を売買します。

店舗がないので、当然、社員もパート、アルバイトを雇う必要がありません。

 

この様々な経費が、マルチレベルマーケティングでは浮くことになります。

その分を、製品を口コミで流通させているビジネスメンバーに還元しようということです。

 

浮いた経費は、半端な金額ではありません。

その経費分が収入として入るのですから、億万長者だって簡単に誕生するんです。

 

この還元される収入システムには、いろいろな形式があり、企業によっても還元率が違います。

 

しかし、ほとんどの企業では、自分が商品を買ってくれた人が、さらに消費者を紹介してくれると、その人の消費額からも収入を得ることができるシステムをとっています。

つまり、自分が「親」で、自分の「子」だけではなく「孫」や「ひ孫」からもコミッション(報酬)が入るということです。

 

この連鎖による流通で商品を流通していく形態が、マルチレベルマーケティングなんです。

マルチレベルマーケティングの魅力

では、マルチレベルマーケティングにはどうのような魅力があるのか、以下であげてみたいと思います。

権利収入なので収入に上限なし

これは先ほど説明したとおり通りなのですが、普通の商売では自分が売った分の収入しか入りません。

しかし、マルチレベルマーケティングだと自分の「子」や「孫」が、販売した分からも収入が入ってきまので『権利収入』といえます。だから、億万長者も生まれるわけですね。

初期投資が10000円程度で始められる

ビジネスを立ち上げるには、大きなお金が必要となります。
そして自分で商品を開発したり、流通システムを作ったり、収入システムを作り上げる必要もあります。

必要となる時間もお金も半端なものではありません。

 

そこで、FC(フランチャイズ)というビジネス形態が、今流行っている要因とも言えます。
FCというのは、商品と流通システム、収入システムが最初から用意されています。

 

本部のノウハウを、そのまま使うことができますから、自分で1から作り上げるよりははるかに楽です。

しかし、「加盟金」や「保証金」、「研修費」「宣伝費」「不動産保証金」「内装工事費」「消耗品」など、かかる費用も半端じゃありません。

最低でも500万円、業種によっては高ければ3000万円くらいはかかります。

しかも、月商の3%~5%をロイヤリティとして、本部に支払わなければなりません。

これは、システムを買っているわけですから仕方がないことですが・・・

 

しかし、マルチレベルマーケティングはシステムを買うのではなく、自分が流通システムの一部となります。

ですから、初期投資は1万円前後、多くても数万程度です。

しかも、ロイヤリティもありません。

 

まさに、ビジネスを始めたいけど資本がないという人には、ぴったりなビジネスとも言えます。

在宅で副業としても可能

FCでは始めるときに、会社をやめて独立するという形にしなければ、時間的も経営していくのは不可能です。
「俺、サラリーマンだけどセブン○レブンの店長なんだ」という人はいません。

独立するのは、半端な勇気と覚悟ではできませんよね。

まして、結婚していて、子供がいる場合には、万が一にも失敗はできません。

 

しかし、子供が大きくなるのを待っていたのでは50才、60才になってしまいます。

ということは、今勤めている会社に終身雇用状態になってしまうわけです。

 

独立したいけど、会社をやめる勇気はない、今はやめられない・・・

そんな人でも可能なのが、マルチレベルマーケティングなんです。

 

マルチレベルマーケティングなら、在宅で自分のペースで仕事ができます。

そして、ビジネスが波に乗ってきたら会社をやめて本格的に取り組んでいけます。

 

あの「金持ち父さん」もいっていました。

「はじめから会社を辞める必要はない。パートタイムのビジネスをもて」と。

難しい知識は必要としない

ビジネスを立ち上げるにあたっては、いくつか専門的な知識を必要とします。

これには、自分で勉強しなければなりません。

もし、わからないことがあったとしても、それを聞ける人がいません。

マルチレベルマーケティングでは、このような専門的な知識をほとんど必要としません。

それに、もしもわからないことがあっても、自分のアップの人に聞けば教えもらえます。
非常にビジネスに取り組みやすい環境となっています。

 

自分がやろうとしていることを、先に実践してきている先輩が手取り足取り教えてくれるんです。
この教育システムは、マルチレベルマーケティングの大きな魅力だと言えます。

時間的な自由が手に入る

世の中にはお金持ちと呼ばれている人がたくさんいます。
「医者」「弁護士」「大企業の社長」・・・ほか。

 

これらの皆さんんお金持ちです。
しかし、もしこの皆さんがそのお金を使って「世界一周の旅行」に出かけたらどうでしょうか?

この皆さんたちは、そのあともお金持ちでいることができるでしょうか?

答えは「NO」です。

この人たちは、自分の労働によって収入を得ています。

つまり、自分が働かなくてはお金が入ってこないということです。

 

「お金は歩けど時間がない」ということになるわけです。

しかし、マルチレベルマーケティングでは、自分の「子」や「孫」からの収入がほとんでです。
自分が何をしていても収入がもらえる「権利収入」ですから、時間的自由が手に入るんです。

 

あの「金持ち父さん」も言っています。

SクワドラントではなくBクワドランとになれ」と。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー