金持ち父さんとキャッシュフロー・クワドラント

目安時間:約 5分

 

 

 

『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだことがないという方もいるかとは思いますが、ここでは一部を簡単に紹介したいと思います。

 

この書籍は、ロバート・キヨサキさんという

アメリカの投資家さんが書いた本です。

 

この書籍によって金持ちになる考え方というものがすごく広がった様に感じます。

また、この書籍を読んで人生が変わったという人が多くいるのも事実です。

 

 

キャッシュフロー・クワドラント

 

ロバート・キヨサキ氏がが言っているのは

『E』『B』『I』『S』の4つ『キャッシュフロー・クワドラント』があると定義しています。

 

これは特別に覚える必要はないと思います。

ここでは簡単にしか説明はしませんが、興味を受けたならググってみてください。

 

簡単に言うと収入の得方の種類になります。

 

 

Employee(従業員)

 

分かりやすく言うとアルバイトとかサラリーマンのことで、時間をお金に変えて稼いでいます。

この人たちのことを「Eクワドラント」と言います。

 

Self employee(自営業者)

 

八百屋のおいちゃんとか、魚屋のおいちゃんとかですね。

独立しているけれども、自分で事業をやっているので自分が働いていないと収入が入ってこない。

この人たちも自分の時間をお金に変えて稼いでいます。

この人たちのことを「Sクワドラント」と言います。

 

Business owner(ビジネスオーナー)

 

分かりやすく言うと経営者のことです。

自分がいなくても、仕組みで収入が入ってくる人たちです。

人と仕組みを使ってお金を生み出しているんですね。

この人たちのことを「Bクワドラント」と言います。

 

Investor(投資家)

 

そのまま投資家のことです。

金融商品とか株、そういった資産から利益を得ている人たちです。

お金でお金を生んでいるので労働の必要がありません。

自分の代わりにお金を働かせています。

お金を使ってお金を稼ぐ。この人たちのことを「Iクワドラント」と言います。

 

重要なポイントは

 

『Investor(投資家)』は、お金を使ってお金を稼ぐ人。
『Business owner(ビジネスオーナー)』は、人と仕組みを使ってお金を稼ぐ人。
『Self employee(自営業者)』は、自分が動いてお金を稼ぐ人。
『Employee(従業員)』も自分が働いてお金を稼ぐ人。

 

「E」と「S」というのは、自分の時間をお金に変えているので『労働収入』になります。

「B」と「I」というのは、仕組みや投資をお金に変えているので『権利収入』になります。

 

【金持ち父さん 貧乏父さん】の書籍の中で、金持ち父さんが言っているのは

お金持ちになるには「E」と「S」側にいてはダメですよ。

「B」と「I」側に行きましょう」ということです。

 

「E」と「S」側にいる限り、お金持ちにはなれません。

「B」と「I」側は、自分が働かなくてもいい仕組みなんですね。

 

ビジネスオーナーは従業員で仕組みを作り、インベスターはお金を投資してお金を稼いでいます。

「B」と「I」に行くといくらでもお金を増やせるようになりますね。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー